2005年09月24日

解決するのかしないのか

いろんなことを
とりとめもなく考えて
突き詰めて突き詰めて突き詰めたものを
また
突き詰めて突き詰めて突き詰めたものと
螺旋状に組み合わせて混沌をつくる。
そういうものの作り方を見る。
たいていの人は失敗。見るにたえず。自分の脳内の中だけでしか解決しない作品。
でも
洗練された思考能力を持つ人が練り
洗練された視覚効果をそれに与えれば
忘れないインパクトのあるものができるのかもしれない。

前に一度だけそういう舞台を見た。
あれこそ才能の集まりだったのかもしれない。
でも同じことはしたくない。あそこにも参加したくない。
自分にしかできないものを探す。
posted by ちゃぼ at 10:42| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

機種変

いそがしすぎて海外にでもエスケープしたい今日このごろ。
週の最初っから携帯を機種変しました( `・ω・´)b


SH505isを使ってたんだけど、もう1年半たってて塗装もはげてきてる。
気をつけててもやっぱり何回かは落とすし。
なげつけたりはしないですけどw
折りたたみを強めに閉じると勝手に再起動するし。
そして先週、
とうとう横のカバーが取れて、端子部分がムキダシになってしまった。


ってことでここ一週間、悩んでた。
機種変更か、修理か。
今のがキレイになって使えるようになれば問題ないんだけどなあ。
便利なケイタイの条件としては

写真がなるべくキレイに撮れて
デザインがほどほどによくて
メールが打ちやすいボタンで
キーのレスポンスが問題なければOK。

ってこれわがままか?


総合して考えるとやっぱりSHARPって思って電気屋さんに行ってみる。
シャープのFOMA、高い・・・(0ω0;)

そこで目をつけたのが富士通のF901

ワインレッドが色がキレイ(・∀・)イイ!!!
カメラも200万画素だ。ボタンも押しやすそう。

ということで、ネットで安いところを検索!あった。1万円で機種変できるとこ。


とりあえず実機をさわってみたいので、
お台場でとりあえずF901の実機を置いてないかどうか、
アクアシティの中の携帯ショップに行ってみた。
そしたら

ん・・・・SH506ic?
そんなんあったんだ(0ω0;) 
505の上はFOMAしかないと思ってた。

値段は、若者割引を使って1600円。安い(;´Д`)


コレダ!!!!


とりあえず印鑑もってないから出直そうとしたら。
印鑑も証明書もいらないらしい。その場で手続き。
30分もかからずに機種変更できましたとさ。

ほとんど前の機種と使い勝手は同じで便利♪
よかったよかった(´ー`)


あ、でも
色がひとつしかのこってなくてピンク
まあいーか(´・ω・`)
posted by ちゃぼ at 21:54| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

くしゃみ

くしゃみがデカイ人ってのは世の中にいるもんですが
電車の中とかで
しかも
自分の真後ろとかで
いきなりヤラレルと、びびったあと。少し腹が立つわけです。

なんでヤツらのくしゃみはデカイんだろう

ヤツラはそんなことでしか自分の存在を誇示できないんだ まちがいない。
心なしかやつらのくしゃみは
「どうだ俺のくしゃみはデカイんだぜ」という意思が見え隠れするのだ。

ともあれ うざい

少しは遠慮してくしゃみせれ。
あと
口は覆ってくれ。
posted by ちゃぼ at 00:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

携帯を

機種変、というか、FOMAを買い増し(っていうのか?)しようと思ったわけです。
いま使ってるSH505isは
横のカバーが取れてしまったのと、
ちょい前から、折りたたみを閉じると電源がきれるとかありえない状態でw

とりあえずネットですこし見てから、
池袋で舞台の用事があって、時間があったからビックカメラの1Fで
ちょっと見てきたわけです。

でもなんかすげえ使いにくそうで。
SH901isの値段が高いのは知ってたけど
ボタンが押しにくいし、思ったよりずっとカッコイクナイ。

びみょ

だけど今の機種を修理、とかも、びみょ。
とりあえず先送りすることにしますた。まあ電源は入るわけだし。いいか。

posted by ちゃぼ at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

テレビ番組

めずらしく日曜日の昼間にテレビ番組を見た。
プロ野球のコーチをしてた人が
50代で勉強して教員免許取得して、
高校野球の監督をやろうとしたけど
2年経つ前(プロ野球関係者は2年間、高校野球の監督はできない)に
ガンで亡くなってしまった人がいたという話。

その人はいろんな有名な野球選手のコーチを務めたらしい。
おれは俳優で、野球とはそれほど関係ないけど
どの分野でも一流と呼ばれた人の人生は気になる。

その人の言っていたことを大きくまとめると
「気力」「自主性」だそうだ。

ん。
結局俳優にも同じことが言えそうだ。

その人は死んでなおその精神を、
野球部、学校の先生、生徒、家族、教えてきた選手などに残した。
まさしく、死して何かを残すことができた人といえるのだろう。

人として生きるべき道を見た気がする。
posted by ちゃぼ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。